離婚を思いとどまらせる切り札

 

妻が離婚したがっている、いきなり逆転して離婚を回避できる方法ってあるのか

 

今、妻が離婚を思いとどまらせる切り札があるのなら知りたいと思いませんか?

  • 妻が突然離婚したいと言ってきた
  • 妻からの無視が続いている
  • 家庭内別居でただ時間だけが過ぎている
  • 離婚したい妻の心理がどうなのか分からない
  • 精神的にきつく仕事に支障が出ている
  • 一人の生活がさみしすぎる

離婚を決意した妻、離婚問題となった状況をどうしても止めたい・・・。

 

離婚の決意が固い妻に対して、このまま一人では解決できる方法が見つからないと絶望の時間を無駄に過ごしている。
もしどうしたらいいのか分からないのであれば、あなたは離婚の道へとまっしぐらなのかもしれません。

 

なので、どうしても復縁したいというのであれば、まずプロのノウハウを学ぶことをおすすめします。

 

当サイトでは、離婚を思いとどまらせる切り札を紹介していきます。
よろしかったら参考にしてみて下さい。

 

どうしても離婚したくないのなら・・・
>>徹底的な女性視点で書いた「妻との離婚回避マニュアル」

 

 

離婚を思いとどまらせる切り札、妻に謝罪しても許してくれない!

r

 

いくら謝罪してもダメ、妻はどうしても別れたがっている。
もちろんうまくいかない理由はうすうす分かっているし、お互いに恋愛感情は薄くなっているのは分かっている。

 

妻が怒っている原因はほかにもあるかもしれない、本当の理由が知りたい。

 

  • 子どもと別れたくない
  • 過去を反省してやり直したい
  • 離婚回避したい

 

誰もが離婚をするために、幸せを夢見て結婚したわけではないと思います。

 

あなたにとって今重要なのは、どんな言葉を伝えれば、妻の心を動かせるのかということ。

 

もし今の状態にしびれをきらし、感情的にでてしまう言葉や行動や無理やりとどめるよう説得をすることは、逆に妻の怒りを買い離婚を早めてしまう可能性があります。

 

例えいくらお互いの合意が必要とされていても、妻の一方的な離婚の決意が固ければ近いうちに離婚は成立してしまうものなのです。

 

さらに多額の金銭も動いてしまいます。
ケース別に離婚となればどれぐらいお金がかかるかを一部紹介します。

 

別居の場合

婚姻費用:毎月 約10万円(収入、子どもの数によって変わってきます。)

 

離婚の場合

慰謝料:数百万円(離婚した知人は借金して払ったと言います。) 養育費:毎月約6万円(収入、子どもの数によって変わってきます。)

 

また、ネットで費用を調べてみても

  • カウンセラー:相場 1時間 2万円
  • 手紙代筆:相場 10万円〜(いろいろあります)
  • 弁護士相談:相場 1時間 1万円(依頼の前)

 

また浮気や不倫が原因の離婚であれば、相手にも100万〜300万円の慰謝料がかかってしまいます。

 

精神的だけでなく経済的にも甚大な被害になってしまうこととなるでしょう。

 

ほんとに今のあなたにとってこんなことって許せるものではないはずです。

 

 

離婚を決意した妻から離婚を切り出されたら

r

 

今や、3人に1人が離婚してしまう時代と言われていますが、まさか自分がそうなるなんて思っていたでしょうか?

 

たしかに、別居は妻との離婚の可能性がかなり高くなってしまうもの。
離婚を決意した妻の行動はある程度わかってしまいます。

 

だからといって、分かってるけど妻の行動を邪魔しようとするのはのは逆効果。
それより、あなた自身が堂々と日々を暮らしていける態度をとりましょう。

 

 

離婚届不受理申出を出しましょう

 

離婚届不受理申出とは妻から一方的に離婚届を出しても受理されないようにするものです。
市役所や近所にある区役所の出張所でもできる手続きです。

 

印鑑さえあれば簡単にできるので、万が一の不安とあなたの心を落ち着かせるためにも検討してみるもおすすめです。

 

妻に離婚を思いとどまらせる方法

 

妻が別居と話し合いだけで離婚しようとしているのなら、まだ十分に修復のチャンスがあります

  • 妻の笑顔を取り戻せる
  • 子供とまた一緒に暮らせる
  • 楽しくてい幸せな家庭の時間を過ごせる

女性のそして妻の気持ちが理解できれば、意外と簡単にできます。

 

離婚を止めるを言葉があるのなら、離婚を思いとどまらせる切り札を手に入れたいと思いませんか?

 

 

離婚を思いとどまらせる切り札で幸せな夫婦関係に戻そう

r

 

離婚を決意した女性の心理を知りたい・・・。

 

でも、あなたの妻が、まだ離婚調停をせずに別居と話し合いだけで離婚を考えているのなら、まだ十分に修復のチャンスがあります。

 

このままではあなたがいくら謝罪をしてもきっと妻は許してくれないでしょうし、あなたは復縁成功できる方法の正解を知らないと思います。

 

ここで女性からみた「復縁成功マニュアル」という切り札を紹介します。

マニュアル内容

  1. 離婚を回避できる手紙の例文
  2. 妻が怒っている本当の理由
  3. 妻の心を開き話し合う方法
  4. あなたの気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
  5. 離婚調停で離婚回避するための方法
  6. 知られざる離婚離婚裁判の真実ほか

なぜマニュアルが必要なのか?
離婚を切り出した後の態度はあなたは腑に落ちたでしょうか。

 

頭ににきたのなら、あなたは女性の気持ちを分かっていないからです。
離婚を切り出したら妻の態度が変わったとか女心が分かっていないからというしかありません。

 

であれば、女性の心理カウンセラーが作った復縁できる方法を学ぶのも手っ取り早いです。

 

妻が離婚したいっという気持ちを止める言葉が分からない。
であれば、本当に許せない理由とその対応策を、女性目線から教えてもらいましょう。

 

利用者の喜びの声の抜粋

 

【Lさま】子どもに会えない絶望感から妻の実家に押しかけようとする自分を、ゆりさんがギリギリのところで止めてくれて本当に感謝しています。
あの時踏みとどまったおかげで今は定期的に面会交流ができています。妻の心に寄り添いながら、少しずつ離婚回避に向けて努力を続けます。

 

 

【Gさま】ずっと子どもに会えなくて「なんとか子どもに会いたい」という手紙を添削していただきましたが、ゆりさんに「この手紙では会えるどころか連絡も取れなくなりますよ」とはっきりご指摘をいただき目が覚めました。
確かに犯罪スレスレのようなことを書き連ねていました。
それから無事に面会交流が出来るようになり、毎回、妻子への感謝の手紙を添削していただいています。

 

どうしても離婚したくないのなら・・・
>>徹底的な女性視点で書いた「妻との離婚回避マニュアル」

 

 

離婚直前でも回避したい!本当にできるか不安

r

 

いろいろな書籍が販売されている中でこういったマニュアルは信頼できるのか?

  • 自分の場合は特別な事例だけど大丈夫か?
  • 妻が本当に変わり離婚を回避できるかどうか怪しい
  • 金額に合った価値は本当にあるのか?

確かに離婚回避できるかどうかはそれぞれの事情が異なるので絶対大丈夫ということはありません。

 

ネットで検索し無料で知った情報でも無事に復縁できることもあるでしょう。

 

但し、女性の気持ちを分からずして一歩も踏み出せない現状から脱出するのには十分な情報をもった価値があるものと思います。

  • 男と女の考え方の違いがわかり楽になる
  • 妻の心が分かり、 前向きな気持ちで対処できるようになる
  • 離婚、または復縁までの道のりの段階が分かり心に余裕ができる
  • 専門家からのアドバイスで離婚の周辺知識が分かる

今どうしたらいいのか一人で悩んでいるのであれば、今の段階ででどう考えればいいのかが分かります。
ですから、気持ちに余裕ができ精神的に楽になることでしょう。

 

 

将来の夫婦二人の幸せを取り戻そう

r

 

いつまでも仲の良い夫婦関係というのは難しいかもしれません。

 

しかし、離婚というのは家庭の基盤や周りの人間関係を壊してしまいます。

 

妻の気持ちを変えて無難な日々を取り戻したいと思うのであれば、
女性の考え方、本質を学んでいくことがおすすめです。

 

もちろん書店に売っている本でも参考になるかと思いますが、この切り札であれば「妻が離婚したがっている」場面に特化してるので、どんな本よりもど真ん中ストレートの内容と役に立つ情報が満載です。

 

妻から「離婚」という言葉が出たらもう時間はありません、早めのチェックが必要です。

 

 

\どん底にいる夫を救える唯一無二の方法/

今なら特典付き
  1. 妻への手紙サンプル、手紙の添削
  2. 特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法」
  3. 「地雷言動」チェック表
このページの先頭へ戻る